第3回(2021年度)SGHがん看護研究助成応募要項

第3回(2021年度)SGHがん看護研究助成応募要項

1.目的

SGHがん看護研究助成は、がん看護に関する研究並びに臨床における探索的な実践開発を対象とし、看護実践の発展に寄与することを目的とする。

2.応募資格

日本の大学、医療機関、研究機関等において、がん看護に携わる日本人研究者及び医療従事者、並びに日本に定住する外国人研究者及び医療従事者(個人またはグル-プ)。

3.助成金額と期間

(1) 助成部門
 研究部門:新規性・独創性があり、臨床的意義のあるがん看護に関する研究
 実践部門:臨床における探索的な実践開発
(2) 金 額
 研究部門・実践部門 1 件 50 万円(12 件)
(3) 期 間
 1 年間(おおむね 2021年12月から翌年12月まで)

4.応募方法

今年度より、応募方法がWeb申請に変わりました。
下記より、所定様式(申請書・推薦書)をダウンロードし、申請フォームより、送信してください。
なお、推薦書の推薦者は、学長・学部長・研究科(所)長・学科長・センター長・病院長・看護部長・訪問看護ステーションの所長等の所属長としてください。

第3回SGHがん看護研究助成申請書類

申請書

推薦書

申請フォームはこちらから

添付書類のファイル名は、以下の命名規則に則ることを推奨いたします。

  • ・申請者名_申請書.拡張子
  • ・申請者名_推薦書.拡張子
  • ・申請者名_論文_通番.拡張子

5.応募締め切り

2021年6月30日

6.選考の方法

本財団の選考委員会において選考し、理事会の承認を経て決定する。選考過程で、研究課題等につき、より詳細な説明・資料の提出等を求めることがある。

7.助成決定通知と交付予定日

(1) 選考結果については、2021年10月上旬までに通知する。
(2) 決定者への助成金の交付は、2021年12月上旬を予定。

8.贈呈式の開催

2021年 11月 27日(土)、京都市内を予定。
贈呈式には、助成決定者本人の出席を必須とする。

9.研究成果の報告

研究助成対象者は、別途送付する作成要領に従い、研究期間終了後、「研究報告書」及び「会計報告書」の提出を必須とする。
○ 「研究報告書」は、4,000 字(3~5 頁)程度(図表を含む)にまとめ、ワープロソフトによる A4 版で作成
○ 「会計報告書」は、原則として領収書を添付し、A4 版で作成
○ 研究課題に関する結果を公表するときは、末尾に本財団からの助成があったことを示す文章を記載すること。

10.「研究報告書」の発刊・配布

前記研究報告書は、本財団において編集し、2023年3月頃発刊し、関連する全国の大学、研究所、病院等に配布する。

11.留意事項

(1) 助成金は申請書記載の使途計画内訳に基づき、本研究課題に直接必要な経費として使用する。
(2) 助成決定後、やむをえない事情により研究を中止した場合は、助成金の全額または一部を返還してもらう場合がある。

問い合わせ先

公益財団法人SGH財団 事務局
TEL 075-255-9310
e-mail info_cr@sgh-foundation.or.jp

申請フォームはこちらから